車ではなく、電車・バスで行く日帰り温泉旅行記

登場人物

西さん
西さん
泉質にこだわりあり。源泉かけ流しと、ひなびた風情を何より愛する正統派温泉好き。
北さん
北さん
泉質はあまり気にかけない。眺めが良い露天風呂など、わかりやすい特長がある温泉が好き。

Itou-onsen Ogawa Hoteinoyu

伊東温泉 小川布袋の湯

静岡県伊東市末広町2-17

塩化物・硫酸塩泉のお湯が深めの浴槽にたっぷり。静かで落ち着いた雰囲気の共同浴場

伊東温泉では珍しい塩化物・硫酸塩泉のお湯を源泉かけ流し。

湯船は壁際、変形の四角形ということも伊東では風変わりだが、最大の特徴は78cmという深さ。深い浴槽は、水圧により心臓の働きが活発になり、血液の循環を促す効果があるとされる。

地元の人以外はあまり訪れない様子で、静かで落ち着いた雰囲気。

アクセス

アクセスの良さ

2.5点(品川から)

→アクセスの点数のつけ方
伊東小川布袋の湯の電車バス路線図 新宿駅時刻表 品川駅時刻表 横浜駅時刻表 小田原駅時刻表 熱海駅時刻表 静岡駅時刻表 JR東海道新幹線時刻表 JR東海道本線時刻表 小田急小田原線時刻表 伊東駅時刻表 JR伊東線時刻表 東海バス時刻表 東海バス桜木町バス停時刻表
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅小田急 1時間40分\880
  • 小田原駅JR 1時間\670
  • 伊東駅徒歩 12分 
  • 小川布袋の湯
東京(品川)からのアクセス
  • 品川駅JR 2時間30分\2,270
  • 伊東駅東海バス 萩方面/修善寺駅/市民病院行 8分\200
  • 桜木町バス停徒歩 3分 
  • 小川布袋の湯
東京(品川)からのアクセス
  • 品川駅JR特急 1時間40分自由席\3,610
  • 伊東駅↓(以降は前記同様)
東京(品川)からのアクセス
  • 品川駅新幹線 40分自由席\4,000
  • (熱海駅)JR 25分\ -
  • 伊東駅↓(以降は前記同様)
  • JR特急・新幹線の指定席料金は、繁忙期は720円、通常期は520円、閑散期は320円を自由席料金にプラスした金額になります。(詳細は→JR東日本・きっぷに関するご案内
  • バスの時刻表は東海バス 運賃・時刻表検索を参照。(2015.4.1 改定)
  • 電車などの料金は切符(現金)を利用した場合です。ICカード乗車券利用の場合は多少金額が異なることがあります。
  • アクセスの所要時間は目安です。

小川布袋の湯への行き方

(伊東駅からの道順)
  1. 駅を出て右へ。しばらく直進
  2. 小さな橋を渡ったら直後に左折し、30m行って右折。そこから2ブロック先。(大東館の手前)
伊東小川布袋の湯の地図

地図クリックでGoogleマップへ

日帰り温泉旅行記

伊東温泉七福神の湯めぐり・8湯目

(7湯目 岡布袋の湯からの続き。1湯目は恵比寿あらいの湯
本日は伊東温泉で七福神湯めぐりをしている西さんと北さん。7湯目の岡布袋の湯で七福神コンプリートと思いきや、なんと布袋の湯は二つあるということで、もう一つの布袋の湯「小川布袋の湯」へとやって来ました。

伊東温泉小川布袋の湯外観

外観

岡布袋の湯から小川布袋の湯までは歩いて4,5分ですが、西さんにとっては想定外の延長戦で、精神的にもダメージが大きいようです。

北さんのセリフ 「おお、ついたぞ。」

西さんのセリフ 「…はあぁぁ…。」

北さんのセリフ 「なんか、アパートみたいな建物だな。遠目には、風呂屋って気づかないかも。」

西さんのセリフ 「…疲れた…。」

バスでの伊東観光なら、東海バスの「伊東観光フリーパス」がお得かもしれません。(区間内乗降自由、大人1,300円/小人650円)

伊東温泉小川布袋の湯の布袋

布袋

北さんのセリフ 「七福神も、いままでとちょっとパターン違うし。」

西さんのセリフ 「…ビール飲みたい…。」

北さんのセリフ 「よし、いよいよ今日の最後だ。行きますか。」

まずは脱衣所へ。

伊東温泉小川布袋の湯脱衣所

脱衣所

西さんのセリフ 「やっぱりここも、昭和だねえ。」

北さんのセリフ 「うん、まあ、さすがに古いのも慣れてきたよ。けど、同じ布袋の湯なのに、こっちは落ち着いたかんじじゃん? お客さんも少ないし。」

西さんのセリフ 「そうだねえ。とにかく、早く入って早く上がろう。」

北さんのセリフ 「あれ、珍しいな…。早く上がりたがるとは…。」

浴室に入ります。小川布袋の湯は少々変わったつくり。湯船は真ん中ではなく壁際にあり、変形の四角形です。

小川布袋の湯だけ、なぜか七福神が立像ではなくレリーフになってます。

伊東温泉小川布袋の湯浴槽

浴槽

西さんのセリフ 「あ、これはちょっと、珍しいかも。」

北さんのセリフ 「ああ、湯船が真ん中じゃないんだ。それに、長方形じゃなくて、こっちが狭くなってるよ。」

湯船に入ります。

伊東温泉小川布袋の湯浴槽

浴槽

西さんのセリフ 「お、深い!」

北さんのセリフ 「ほんと!、深! なんで!?」

西さんのセリフ 「さあ…。何でかね。」

北さんのセリフ 「むむ、中腰でないと…。なんか、落ち着かないな。」

西さんのセリフ 「お湯は柔らかくて、いい感じだけどねえ。」

小川布袋の湯から出てきた西さんと北さん、これで本当に七福神湯めぐりコンプリートです。

北さんのセリフ 「いやあ、ついに、コンプリート達成したよ。」

西さんのセリフ 「ああ。ほんと、我ながらよくやったよ。」

北さんのセリフ 「とりあえず、さっきの下の酒屋で缶ビールでも買って飲むか。」

西さんのセリフ 「賛成!」

北さんのセリフ 「しかし、今ちょっと思ったんだけど。」

西さんのセリフ 「何?」

北さんのセリフ 「もしかして、七福神湯めぐりって、別に一日でやる必要、なかったのかもねえ。」

西さんのセリフ 「…え? 今、気づいたの?」

というわけで、伊東温泉七福神の湯めぐりは、これにて無事に終了したのでした。ところで、西さんと北さん、これだけ苦労して、七福神のご利益はあったのでしょうか…。

(2015年 6月)

小川布袋の湯の湯船は深さ78cmあります。

の感想 & 評価

伊東には珍しく単純温泉ではない。お湯は柔らかいかんじ。

2.0点

の感想 & 評価

浴槽が深く、常に中腰になるので、いまいち落ち着かない。

0.5点

→点数のつけ方

温泉施設

住所
静岡県伊東市末広町2-17
電話
0557-36-3655
HP
伊東市オフィシャルHP 温泉情報
営業
16:00〜21:00
定休
木曜
料金
大人 250円/小学生 50円/貸切風呂 660円
浴槽
男女別内風呂/貸切風呂

温泉データ(温泉分析書等より)

(調査日 2010年5月20日)

泉質
ナトリウム・カルシウム - 塩化物・硫酸塩泉 (低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉
混合泉(岡147号、岡149号、岡191号)
泉温
混合貯湯槽で 43.6℃(気温 21℃)
pH値
7.9
成分総計
1.299 g/kg
知覚
殆ど無色、透明、無味、無臭、ガス発生なし

今日のビール

伊豆の地ビール宇佐美地ビール

伊豆の地ビール(宇佐美地ビール農園)

写真は「伊豆の地ビール」の「ライン」。「ライン」はドイツタイプとのこと。どっしりとした焙煎香に加え、イチゴ or ラズベリージャムのような風味が感じられます。伊豆の地ビールには他にも「ドナウ」「モルダ」「テムズ」といった種類がありました。(330ml/410円)

しかしながら、伊豆の地ビールは最近リニューアルしたようで、現在は「ブロンド」「ゴールド」「アンバー」「ブラック」といったラインナップになっています。さて、どう変わったのか、また飲みにいかなければ・・・。(→宇佐美麦酒製造

  • 文章は個人の私見であり、必ずしも客観的事実とは限りません。
  • 記載の情報は、現在は変わっている可能性があります。特に金額については、旅行時の金額から更新していないことが多いので、最新の情報はオフィシャルホームページなどで確認してください。

エリア・沿線

東海
静岡県

温泉地

JR伊東線

温泉ガイド