車ではなく、電車・バスで行く日帰り温泉旅行記

登場人物

西さん
西さん
泉質にこだわりあり。源泉かけ流しと、ひなびた風情を何より愛する正統派温泉好き。
北さん
北さん
泉質はあまり気にかけない。眺めが良い露天風呂など、わかりやすい特長がある温泉が好き。

Okutateshina-onsen Shibugotenyu

奥蓼科温泉 渋御殿湯

長野県茅野市北山5520番地3

源泉かけ流し・湯の花で白濁の秘湯は、八ヶ岳の大自然が育み登山家が愛する「天下の霊湯」

湯船は湯の花で白濁状態、硫黄の香りと酸味の強い個性的なお湯。歴史ある「御殿湯」に加え、新しい「長寿湯」は足元湧出、泡立ちのする特殊噴泉。

八ヶ岳の登山口、標高1880mの高所に位置する秘湯。黒百合平や天狗岳への起点として登山家からの人気が高い。

延暦2年(783年)に発見されたと伝わり、戦国の世には武田信玄の隠し湯であったという。江戸時代に諏訪の代々のお殿様に親しまれたことから「御殿湯」と呼ばれるようになった歴史ある温泉。

  • クリックで説明ページへ

足元湧出のつくりになっている浴槽があるのは男湯のみ。

東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅京王 1時間\360
  • 高尾駅JR 2時間50分\2,590
  • 茅野駅(西口)アルピコ交通バス 51分奥蓼科渋の湯線 \1,150
  • 渋の湯バス停徒歩 0分 
  • 渋御殿湯
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅JR 3時間50分\3,350
  • 茅野駅(西口)アルピコ交通バス 44分麦草峠線 \1,300
  • 冷山入口バス停徒歩 1時間4.1km 最大標高差242m
  • 渋御殿湯
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅JR特急 2時間20分自由席\5,510
  • 茅野駅(西口)アルピコ交通バス 44分メルヘン街道バス \1,000
  • 横谷観音入口バス停(渋川口バス停経由)徒歩 1時間20分5.5km 最大標高差324m
  • 渋御殿湯
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅徒歩 2分 
  • バスタ新宿高速バス 2時間10分甲府線 \2,000
  • 甲府駅JR 1時間5分\1,140
  • 茅野駅(西口)アルピコ交通バス 47分メルヘン街道バス \1,000
  • 横谷観音バス停(横谷峡経由)含山道 徒歩 1時間40分5.6km 最大標高差410m
  • 渋御殿湯
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅徒歩 2分 
  • バスタ新宿高速バス 3時間20分蓼科線 \2,520〜\3,200
  • 横谷峡入口バス停(横谷峡経由)含山道 徒歩 2時間25分7.4km 最大標高差637m
  • 渋御殿湯
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅徒歩 2分 
  • バスタ新宿高速バス 2時間45分諏訪岡谷線 \2,900
  • 中央道茅野バス停タクシー 50分20.7km 標高差1068m約\8,400
  • 渋御殿湯
  • JR特急の 指定席料金は、繁忙期は720円、通常期は520円、閑散期は320円を自由席料金にプラスした金額になります。(詳細はJR東日本・きっぷあれこれ
  • アルピコ交通バスの路線バス各線は、季節運行・特定日運行が多いので注意。
  • ついでに横谷峡をちょっと散策したい場合は、横谷観音バス停(または横谷観音入口バス停)に行くと良いです。また、横谷峡をたっぷり散策したい場合は、横谷峡入口バス停で降りて、そこから上流に向けて登って行くのも良いです。ただし、横谷峡はサンダルやハイヒールは通行不可で、悪天候時や夕方以降の通行は危険です。また、横谷峡から川を渡るための渡し板があるのですが、川が増水しているとその渡し板が通行困難になっている可能性があります。
  • 高速バス(諏訪岡谷線)は、茅野駅に停車する便もありますが、茅野駅着は夜となるので利用は難しいかもしれません。
  • 高速バス中央道茅野バス停からJR茅野駅までは約1.2kmです。場所はこちら→中央道茅野バスのりばご案内
  • 電車などの料金は切符(現金)を利用した場合です。ICカード乗車券利用の場合は多少金額が異なることがあります。
  • アクセスの所要時間・距離は目安です。

奥蓼科温泉渋御殿湯への行き方

(冷山入口バス停からの道順)
  1. バスで来た道をちょっと戻って「奥蓼科温泉郷」の標識で脇道に入る
  2. 十字路で左折
  3. バス道に出たら左折。そこから道なりに2km
長野茅野奥蓼科温泉渋御殿湯へのアクセスマップ

地図ClickでGoogleマップが開く

奥蓼科温泉渋御殿湯へのアクセス

(横谷観音バス停から横谷峡経由の道順)
  1. 横谷観音展望台へ行き、展望台脇の道を下り、おしどり隠しの滝へ向かう
  2. おしどり隠しの滝で川を渡り、明治温泉旅館の前を通ってバス道に向かって上る
  3. バス道に出たら左折。そこから道なりに3.9km
長野茅野奥蓼科温泉渋御殿湯の地図とバス停

地図ClickでGoogleマップが開く

日帰り温泉旅行記

本日は奥蓼科に来ている西さんと北さん。前に明治温泉旅館に来たときは時間的に行けなかった渋御殿湯が今日の目標です。JR中央本線・茅野駅から奥蓼科渋の湯線バスで終点の渋の湯へと向かいます。

北さんのセリフ 「たしか、そろそろ御射鹿池のはず・・・あ! 見えた!」

西さんのセリフ 「おー、御射鹿池! やっぱりきれいだねー。」

御射鹿池

御射鹿池

北さんのセリフ 「でも今日はちょっと雲が多いからなあ。前回来た時の方がきれいだったかな〜。」

西さんのセリフ 「ここでバスは降りれないから、そういうことにしておきますか。とりあえず、今日は朝一で渋御殿湯と決まっているからね。」

御射鹿池を通り過ぎ、さらにバスに揺られること10分。終点・渋の湯バス停の目の前が渋御殿湯です。バスもこのあたりまで来ると、西さん北さん以外の乗客はみんな登山のフル装備をしています。

奥蓼科温泉渋御殿湯外観

外観

北さんのセリフ 「へえ〜、丸太小屋みたいな山小屋を想像してたけど、けっこう大きいじゃん。」

西さんのセリフ 「そうだね。しかし、やっぱりここまで来る人はみんな、登山をする人みたいだな。」

北さんのセリフ 「そりゃまあ、八ヶ岳の目の前だし。うちらみたいに温泉だけ入りに来ましたっていうのは、少数派でしょう。」

西さんのセリフ 「確かに、言えてるな。」

渋御殿湯は標高1880mの高所にあります。

さっそく「部屋休憩」にて会計を済ませた二人。(普通に「日帰り入浴」と言うと、西の湯だけしか入れないコース(\1,000)になります。「部屋休憩」(\2,000)だと西の湯・東の湯両方入れます。)まずは西館にある西の湯を制覇しておきましょうということになった西さんと北さんです。

奥蓼科温泉渋御殿湯西の湯浴槽

(西の湯) 浴槽

北さんのセリフ 「お、なかなか雰囲気あるじゃん。」

西さんのセリフ 「ほんとだ。ネットで見た写真は新築なかんじだったけど、けっこう風情が出てきてるんだ。」

大きい方の湯船のふたをわきに寄せ、湯船に入ります。こちらは加温している、ちょうどいい湯加減のお湯。

北さんのセリフ 「ん〜、いい湯! 朝風呂はやっぱりいいねー!」

西さんのセリフ 「そうだねえ…。しかし、そっちの湯船が気になるんだけど…。なんか、見るからにお湯が違うんですけど…。」

小さい方の湯船は白く濁っている様子。加温している大きな湯船は早々に切り上げ、小さな湯船に入ってみる西さん。

建物の西側と東側にそれぞれ浴室(西の湯と東の湯)があります。西の湯には2つ、東の湯には3つの浴槽があります。

奥蓼科温泉渋御殿湯

(西の湯) 御殿湯

西さんのセリフ 「冷たいな。源泉そのままみたいだね。濁ってるのは湯の花か…。すごいお湯だよ、これは。」

北さんのセリフ 「ふ〜ん、冷たいのかあ…。」

西さんのセリフ 「硫黄の匂いもするし、味は…お、酸っぱいな。要するに酸性か。なかなかどうして、いいじゃない、このお湯。」

北さんのセリフ 「どれどれ、…う〜む、入れないことはないけど、ちょっと冷たいかな…。確かに湯の花はすごいけど、温泉はやっぱりあったかい方がいいなあ。」

というわけで、西さんは小さい湯船、北さんは大きい湯船でしばしゆるゆると過ごした二人。西の湯を出た後は、東の湯へと向かいます。会計をした玄関まで戻り、さらにその先、東の湯へとつながる東館の廊下をすたすた歩いていきます。

西さんのセリフ 「いやーいい湯だったねえ。しかしアナタ、東館のほうは、こんなもんじゃないみたいよ。東館にある長寿湯っていうのが、すごいらしい。」

北さんのセリフ 「そうなの? もうこれでけっこう満足なんだけど。」

西さんのセリフ 「なーに言ってるの! 東館の長寿湯に入るために、プラス千円払ってるんだからね。」

北さんのセリフ 「あっ、そうだった! 忘れてた! じゃあ…、見せてもらおうか、東館の長寿湯の性能とやらをっ!」

西の湯・各浴槽の湯温は、大きい浴槽(天然水加温):42度、小さい浴槽(御殿湯源泉):26度です。

今のは似てたか似てないか結論が出る前に東の湯についた西さんと北さん。浴室の入口に近い方から加温御殿湯、長寿湯、源泉御殿湯という並びで、3つの湯船はどれも、1人入るともういっぱいくらいの大きさです。

奥蓼科温泉渋御殿湯

(東の湯) 御殿湯

西さんのセリフ 「おお〜、湯船が青っぽいな…。」

北さんのセリフ 「ほんとだ。さっきのとはお湯が違うのかな?」

西さんのセリフ 「御殿湯は同じはずだけど…。えっと、真ん中が長寿湯か…。まずはこれから…。」

北さんのセリフ 「むむ、いい湯加減のは1つだけか…。じゃ、まずはこっちで温まってからにしよう。」

東の湯・各浴槽の湯温は、
加温御殿湯:42度
長寿湯:31度
源泉御殿湯:26度 です。

西さんは長寿湯へ、北さんは加温している御殿湯の湯船にまずは入ります。

奥蓼科温泉渋御殿湯長寿湯

(東の湯) 長寿湯

西さんのセリフ 「うわー、湯の花でにごり酒みたいになってる…すごいなあ…。それに足元から泡が出てるよ!」

北さんのセリフ 「ふーん。」

西さんのセリフ 「底板の隙間からお湯が湧き出てるんだな。これは、お湯の鮮度は最高だねっ!」

北さんのセリフ 「ふーん、…じゃ、」

西さんのセリフ 「ん! 酸っぱい! お湯はやっぱり酸性だね。スキッとしてて、実に爽快!」

奥蓼科温泉渋御殿湯(加温)

(東の湯) 御殿湯(加温)

北さんのセリフ 「ふーん、…じゃ、そろそろ入らせろ。」

西さんのセリフ 「まあ、ちょっと待て。もう少し…。」

北さんのセリフ 「まあまあ、そう言わずに…。」

西さんのセリフ 「うわっ、入ってくるなよ! 狭いんだから。」

北さんのセリフ 「へえー、湯船の底からっ! おもしろいね!」

西さんのセリフ 「しょうがねえな…。源泉の御殿湯に移るか…。」

北さんのセリフ 「あっちの湯船はあったかくていい湯加減だよ。」

西さんのセリフ 「んんー、加温のほうはあとでね。…しかし、この湯口はもはやアートだね。温泉の成分で白くなってるんだ。」

奥蓼科温泉渋御殿湯湯口

(東の湯) 御殿湯の湯口

北さんのセリフ 「天井とかもすごいよ。木が白くなってて。」

奥蓼科温泉渋御殿湯浴室天井

(東の湯) 浴室天井

西さんのセリフ 「ほおっ、確かに。年季、入ってるねえ。」

そんな調子で3つの湯船をかわるがわる堪能した西さんと北さん。風呂から上がって休憩したあと、午後からは「唐沢鉱泉」へと向かう予定です。 (→八ヶ岳名湯 唐沢鉱泉へ続く)

(2017年 9月)

浴室の手前の廊下には入浴の方法・注意が掲示されていて、その中に「渋長寿湯に入浴中は下を見ないでください」という注意書きがあります。
おそらく、硫化水素ガスの濃度が高い時は危険なためだと思われますが、逆に言えばそれだけ硫化水素の成分が濃いとも言えます。

の感想 & 評価

硫黄の匂いと酸味、無数の湯の花が舞う個性的なお湯プラス足元湧出の湯船と、実に印象深い温泉。

3.5点

の感想 & 評価

いい湯加減の湯船は少なく湯船も小さいのはマイナス。それでも確かにお湯のインパクトは大きい。

1.5点

→点数のつけ方

温泉施設

住所
長野県茅野市北山5520-3
電話
0266-67-2733
HP
渋御殿湯
営業
(日帰り入浴)
10:00〜15:00(受付〜14:30)
定休
料金
(西の湯のみ)大人 1,000円/小学生 800円/幼児 500円
(西の湯・東の湯両方)大人 2,000円
浴槽
男女別内風呂
備考
(西の湯)シャンプー等は無し
(東の湯)シャワー・石鹸・シャンプー等は無し

温泉データ(温泉分析書等より)

(調査日 2007年10月29日)
(※湧出・知覚は1992年3月4日のデータ)

渋御殿湯源泉

泉質
単純酸性硫黄泉 [硫化水素型] (低張性酸性低温泉)
湧出地
長野県茅野市北山5520-8
泉温
27.0℃(気温 13℃)
湧出量
? L/分 (自然湧出)
pH値
2.72
成分総計
1.741 g/kg
知覚
ほとんど無色澄明、酸味・強硫化水素臭を有す。

渋長寿湯源泉

泉質
単純酸性硫黄泉 [硫化水素型] (低張性酸性低温泉)
湧出地
長野県茅野市北山5520-9
泉温
31.0℃(気温 13℃)
湧出量
? L/分 (自然湧出)
pH値
2.71
成分総計
1.614 g/kg
知覚
ほとんど無色澄明、酸味・強硫化水素臭を有す。

今日の駅弁

やまのごはん
やまのごはん外見 やまのごはん全体

やまのごはん

ハイキングや登山仕様のお弁当です。パッケージは竹かごで、3種類のおにぎりと山菜などが登山気分を盛り上げます。味は、派手なところはなく地味に美味かったという印象。「間違いのない味」という感じでしょうか…。きっと、山の頂上で食べると、格別に美味いのだと思います。たぶん。

(お品書き)梅おにぎり、くるみみその焼きおにぎり、栗おこわのおにぎり、マスの塩焼き、つくね、きゃらぶき、大学芋、たくあん、姫竹の子、しめじ(1,080円)(→丸政HP

  • 文章は個人の私見であり、必ずしも客観的事実とは限りません。
  • 記載の情報は、現在は変わっている可能性があります。特に金額については、旅行時の金額から更新していないことが多いので、最新の情報はオフィシャルホームページなどで確認してください。

エリア・沿線

甲信越
長野県

温泉地

JR中央本線

温泉ガイド