車ではなく、電車・バスで行く日帰り温泉旅行記

登場人物

西さん
西さん
泉質にこだわりあり。源泉かけ流しと、ひなびた風情を何より愛する正統派温泉好き。
北さん
北さん
泉質はあまり気にかけない。眺めが良い露天風呂など、わかりやすい特長がある温泉が好き。

Hottarakashi-onsen

ほったらかし温泉

山梨県山梨市矢坪1669-18

眼下に広がる甲府盆地とその周りの山々、雄大な富士山を眺めながら入る露天風呂の至福

眼下には甲府盆地が広がり、その周りの山々の向こうには富士山を望む、眺望満点の露天風呂。早朝・昼間・夕暮れ・夜景と、時間ごとそれぞれの絶景は、訪れるたびに深い感動を覚える。

pH値9.6とpH値10.1のふたつのアルカリ性の源泉は、お肌すべすべ、湯冷めしにくい特長があると言われている。

スタッフによる手作り感あふれる温泉施設。現在、さらに景色が良い敷地に新たな温泉の建設を計画中。

アクセス

アクセスの良さ

1.5点(新宿から)

→アクセスの点数のつけ方
山梨ほったらかし温泉の電車バス路線図 甲府駅時刻表 山梨市駅時刻表 高尾駅時刻表 北野駅時刻表 新宿駅時刻表 JR中央本線時刻表 中央高速バス時刻表 京王高尾線時刻表 京王線時刻表 山梨市営バス山梨循環線時刻表 山梨市営バス時刻表
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅京王 1時間\360
  • 高尾駅JR 1時間25分\1,140
  • 山梨市駅徒歩 1時間15分-35分 
  • ほったらかし温泉
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅JR 2時間20分\2,270
  • 山梨市駅山梨市営バス笛吹川フルーツ公園行き 10分\100
  • フルーツセンターバス停徒歩 25分 
  • ほったらかし温泉
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅JR特急 1時間30分自由席\3,610
  • 山梨市駅タクシー 10分約\2,500
  • ほったらかし温泉
  • 山梨市駅からほったらかし温泉への行き方

    ほったらかし温泉へのアクセスマップ

    山梨市駅からフルーツ公園入口まで
    (地図クリックでGoogleマップへ)

    山梨市駅を出たら、駅前の道を左へ。橋を渡ります。「西関東道路入口」交差点は直進し、次の「フルーツ公園入口」信号で右折。
    ほったらかし温泉へのアクセスマップ

    笛吹川フルーツ公園のあたり
    (地図クリックでGoogleマップへ)

    しばらく登って行くと、信号の無い交差点があります。(地図のAのところ)
    ほったらかし温泉に行く途中の交差点

    A: 信号の無い交差点
    (直進は急な登り坂)

    A: この交差点では、徒歩は右折か直進、車は右折となります。右折は距離は長く坂はゆるやか、直進は距離短く急坂です。
    B: 野外ステージ方面(第2駐車場)の入口。車ならスルーですが、徒歩ならここからフルーツ公園に入って公園内をぐにゃぐにゃ歩いても可。また、ここから公園に入ってすぐのところに「ロードトレイン」の停留所があるので、それに乗るという手がないこともないです。
    笛吹川フルーツ公園の入口

    C: 笛吹川フルーツ公園の入口
    (ここで左折)

    C: 徒歩でも車でも、C(笛吹川フルーツ公園の正面入口)で左折して公園内に入ります。駐車場を通り過ぎて公園内の車道を道なりに上ります。
    D: フルーツセンターバス停。バスで来た場合はここで下車。展望広場があります。
    E: Aを直進しても右折してもEで合流します。(ここにゴーカート場がある。)AからEの急坂直進ルートは、舗装された道路から外れないように歩けば、脇道に入ってしまうことはないと思います。
    迷うかもしれないところ

    A-E直進ルートで、人によっては
    迷うかも?なところ(右が正解)

    F: Eから先は道なりでOKです。ほったらかし温泉の案内のぼりがたくさん立っているので、道に迷うことはないでしょう。
    山梨ほったらかし温泉の地図とバス停

    フルーツ公園より先
    (地図クリックでGoogleマップへ)

  • 山梨市駅〜ほったらかし温泉の、各地点間の徒歩所要時間はだいたい次のとおりです。
    山梨市駅〜A : 行き38分、帰り34分
    A〜B〜C〜D〜E : 行き33分、帰り24分
    A〜(急坂直進)〜E : 行き15分、帰り10分
    E〜ほったらかし温泉 : 行き22分、帰り15分
    まとめると、行きは、Aで右折して車と同じルートで1時間33分ほど、直進して急坂を上ると1時間15分ほど、帰りは、車と同じルートで1時間13分ほど、急坂を下ると1時間ほどです
  • バスは1日3往復だけなので、時間に注意。
    山梨市駅
    フルーツセンター
    着/発
    山梨市駅
    10:3010:4010:50
    13:4013:5014:00
    16:4516:55/17:0017:10
    (2012.4.1 改定、時刻は要確認→山梨市営バス 山梨循環線、南回り (5) (8) (12) 「笛吹川フルーツ公園方面」のところが該当)
  • 地図のDのあたり(フルーツセンターバス停のあたり)には「やまなしフルーツ温泉ぷくぷく」という温泉があります。住所は「山梨県山梨市大工2589-13」です。ほったらかし温泉はここの前を通り過ぎてさらに先ですので、カーナビを使って行く場合は、まずはこの住所を目的地に入れたほうが良いかもしれません。
  • JR特急の 指定席料金は、繁忙期は720円、通常期は520円、閑散期は320円を自由席料金にプラスした金額になります。(詳細はJR東日本・きっぷあれこれ
  • 電車などの料金は切符(現金)を利用した場合です。ICカード乗車券利用の場合は多少金額が異なることがあります。
  • アクセスの所要時間は目安です。

日帰り温泉旅行記

今日の日帰り温泉はほったらかし温泉です。山梨市駅からバスでフルーツセンターバス停まで上り、そこからさらに25分ほど歩いて上るとほったらかし温泉に到着です。

ほったらかし温泉外観

外観(休憩所)

北さんのセリフ 「ようやくついた〜。」

西さんのセリフ 「ちょっとした山登りだね。」

北さんのセリフ 「なんか、がら〜んとしたとこだな。」

西さんのセリフ 「お、案内板があるぞ。」

ほったらかし温泉は、「こっちの湯」と「あっちの湯」の2つの浴場があります。

ほったらかし温泉案内

案内

北さんのセリフ 「ふむふむ、こっちがあっちの湯で、あっちがこっちの湯か。」

西さんのセリフ 「違うよ。あっちがあっちの湯で、こっちがこっちの湯だよ。」

北さんのセリフ 「いや、こっちをあっちと言ったのは、あっちの湯がこっちのほうにあるわけで、こっちの湯はあっちだからあっちの湯はこっち…」

西さんのセリフ 「とりあえず、こっちの湯に行こう。」

北さんのセリフ 「そうしよう。」

というわけで、こっちの湯です。

ほったらかし温泉こっちの湯露天風呂

こっちの湯露天風呂

まず目に入るのは枠が丸太で組まれた露天風呂で、熱めの湯とぬるめの湯に分かれています。

北さんのセリフ 「おー、いい眺め!。富士山が見えるよ。」

西さんのセリフ 「ほんと、いい眺めだねえ。天気が良くてよかったよ。」

北さんのセリフ 「遮るものがないから太陽がまぶしいくらいだなあ。」

フルーツセンターバス停は「笛吹川フルーツ公園」の一番高い所にあります。バス停の目の前が展望広場になっていて、そこからの眺めもなかなかのもの。足湯もあります。

フルーツセンター足湯

足湯

こっちの湯とあっちの湯で、それぞれ料金がかかります。

ちょっと下ったところには岩造りの露天風呂があります。

ほったらかし温泉こっちの湯露天風呂

こっちの湯露天風呂

北さんのセリフ 「露天風呂の好みから言えば岩風呂のほうが好きだけど、眺めは上の方がいいな。」

西さんのセリフ 「確かに。下のほうだと草がじゃまで、あまり景色は見えないね。」

あまり大きくはありませんが、内湯もあります。

ほったらかし温泉こっちの湯内湯

こっちの湯内湯

北さんのセリフ 「ちょっと狭いな。」

西さんのセリフ 「まあ、要するに、ここまで来て内湯に入る人もあまりいないってことだろうね。」

北さんのセリフ 「天気が悪かったらみんな入るんじゃん?」

西さんのセリフ 「天気が悪かったら、そもそもここまで来ないよ。」

北さんのセリフ 「そりゃそうだな。」

というわけで、露天風呂に戻った西さんと北さん、存分にこっちの湯の眺めを楽しんでから出てきました。外でちょっと休んで、次はあっちの湯です。あっちの湯へは、階段を下りていきます。

ほったらかし温泉あっちの湯への階段

あっちの湯への階段

北さんのセリフ 「仮設みたいな階段だね。」

西さんのセリフ 「でも、これで完成なんだろ。」

北さんのセリフ 「ま、味があるということにしておこう。」

西さんのセリフ 「要するに、あまり手をかけてない感じが、ここの温泉のウリなんだろうな。」

ほったらかし温泉あっちの湯露天風呂

あっちの湯露天風呂

あっちの湯もこっちの湯と同様、内湯と露天風呂があり、露天風呂は上のほうと下のほうに分かれています。ただし、あっちの湯はこっちの湯の約2倍のスケールです。

北さんのセリフ 「おー、さらに広々してるな〜。富士山もよく見えるし、最高だねー。」

西さんのセリフ 「ほんとそうだなあ。景色は満点だね。」

西さんと北さん、あっちの湯でも、上と下の露天風呂を行ったり来たりしながら、お湯と景色を楽しんでいます。

ほったらかし温泉あっちの湯露天風呂

あっちの湯露天風呂

北さんのセリフ 「ふ〜、もう帰りたくないねえ…。…って、ところで、帰りのバスって何時?」

西さんのセリフ 「5時だよ。フルーツセンター前。」

北さんのセリフ 「あと10分じゃん。」

西さんのセリフ 「・・・ほんとだ・・・」

北さんのセリフ 「・・・」

西さんのセリフ 「・・・」

北さんのセリフ 「ま、駅まで歩けばいいかあ〜。」

西さんのセリフ 「そーするか。」

ほったらかし温泉からの富士山

富士山

というわけで西さんと北さん、とっぷりと日が暮れるまで、ほったらかし温泉を堪能したのでした。

(2011年 9月)

日よけ用の笠が用意されています。

の感想 & 評価

お湯はあまり熱くないけど、上がった後もしばらく体がポカポカするお湯。

1.5点

の感想 & 評価

露天風呂にゆっくりつかって富士山を眺める…。これ以上の贅沢はないね。

4.0点

→点数のつけ方

温泉施設

住所
山梨県山梨市矢坪1669-18
電話
0553-23-1526
HP
ほったらかし温泉HP
営業
●こっちの湯
[平日] 10:30頃〜17:00
(受付は 16:00 まで) [土日祝] 10:30頃〜22:00
(受付は 21:30 まで) ●あっちの湯
日の出1時間前〜22:00
(受付は 21:30 まで) ※開場時間の目安 [12月〜2月] 6:00頃
[3月,11月] 5:30頃
[10月] 5:00頃
[4月,8月,9月] 4:30頃
[5月〜7月] 4:00頃
定休
年中無休(元旦は前売り・入れ替え制)
料金
大人 800円/小学生 400円
(あっちの湯・こっちの湯それぞれで料金がかかる)
浴槽
男女別内風呂・男女別露天風呂

温泉データ(温泉分析書等より)

旧源泉(こっちの湯)

(1995年11月30日)

泉質
アルカリ性単純温泉 (低張性アルカリ性低温泉)
湧出地
山梨県山梨市矢坪大沢三1669-23
泉温
32.0℃(気温 6℃)
湧出量
306 L/分(動力)
pH値
9.6
成分総計
0.1056 g/kg
知覚
ほとんど無色透明、無味無臭

新源泉(あっちの湯)

(2005年9月26日)

泉質
アルカリ性単純温泉 (低張性アルカリ性温泉)
湧出地
山梨県山梨市矢坪1669
泉温
41.4℃(気温 25.0℃)
湧出量
183.6 L/分(動力揚湯)
pH値
10.1
成分総計
0.178 g/kg
知覚
淡黄褐色澄明、無臭、微苦味

今日の駅弁

風林火山
風林火山外見 風林火山全体

甲州旨いもの合戦「風林火山」

(甲府駅で購入)

武田菱をデザインした容器に、甲州の旨いものを配置したという駅弁。四隅に陣取るのはそれぞれ「風」「林」「火」「山」にちなんだ御飯もの。ときたら、信玄公の家臣ならば食さねばなるまい。家臣でなくても、一食の価値あり。ちと値段は張るけどね。(1,260円)(→丸政 HP

  • 文章は個人の私見であり、必ずしも客観的事実とは限りません。
  • 記載の情報は、現在は変わっている可能性があります。特に金額については、旅行時の金額から更新していないことが多いので、最新の情報はオフィシャルホームページなどで確認してください。

エリア・沿線

甲信越
山梨県

温泉地

JR中央本線

温泉ガイド