車ではなく、電車・バスで行く日帰り温泉旅行記

登場人物

西さん
西さん
泉質にこだわりあり。源泉かけ流しと存在感のあるお湯、ひなびた風情を愛する正統派温泉好き。
北さん
北さん
泉質はあまり気にかけない。露天風呂好き。眺めが良いなど、目に見える特長がある温泉が好み。

Kokubo-onsen

国母温泉

山梨県甲府市国母1-3-4

山梨の温泉銭湯のレベルの高さを実感。美しい琥珀色の源泉かけ流しが、銭湯価格で楽しめる

国母温泉内湯
国母温泉外観 国母温泉内湯 国母温泉露天風呂

お湯は甲府盆地に多いモール泉。源泉かけ流しで楽しめる琥珀色のお湯は、湯口のあたりでは泡つきも見られる。

内湯は源泉かけ流しの浴槽2つと超音波風呂、サウナに水風呂もあり、その上露天風呂まである充実ぶり。

料金は銭湯価格の400円。かなりのお得感。

アクセス

アクセスの良さ

1.5点(新宿から)

→アクセスの点数のつけ方 電車

エリア・沿線

甲信越 - 山梨県

JR身延線

温泉地

東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅京王 1時間 京王線 \360
  • 高尾駅JR 1時間45分 中央本線 \1,490
  • 甲府駅徒歩 40分 3km 標高差-16m
  • 国母温泉
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅JR 2時間35分 中央本線 \2,270
  •  (甲府駅のりかえ)JR 20分 身延線 \ -
  • 甲斐住吉駅徒歩 22分 1.7km 標高差3m
  • 国母温泉
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅JR 2時間35分 中央本線 \2,270
  • 甲府駅山梨交通バス 11分 山梨大学附属病院・鰍沢方面 \270
  • 国母・下石田四ツ角バス停徒歩 2分 0.1km
  • 国母温泉
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅JR特急 1時間40分 かいじ etc. 指定席\3,820
  • 甲府駅徒歩 3分 0.2km
  • 東横INN甲府駅南口2レンタサイクル 17分 2.8km \500
  • 国母温泉
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅(新南改札)徒歩 2分
  • バスタ新宿高速バス 2時間4分 甲府線(甲府南経由) \2,000
  • 伊勢一丁目バス停徒歩 15分 1.1km
  • 国母温泉
東京からのアクセス
  • 新宿
  • 京王
  • 高尾
  • JR
  • 甲府
  • 徒歩
  • 温泉
  • 3:25 \1,850

  • 新宿
  • JR
  • 甲斐住吉
  • 徒歩
  • 温泉
  • 3:17 \2,270

  • 新宿
  • JR
  • 甲府
  • バス
  • 温泉
  • 2:48 \2,540

  • 新宿
  • JR特急
  • 甲府
  • レンタサイクル
  • 温泉
  • 2:00 \4,320

  • 新宿
  • 高速バス
  • 伊勢一丁目
  • 徒歩
  • 温泉
  • 2:21 \2,000

  • JR中央線を走る特急「あずさ」「かいじ」は2019年3月から全車指定席となり、「指定席特急券」と「座席未指定券」が導入されました。 (「指定席特急券」と「座席未指定券」は料金は同額。通常期・繁忙期・閑散期の区分は無し。) ただし車内で特急券を購入した場合は、事前に駅で購入する場合に比べて260円(子ども130円)高くなります。 また、「えきねっとチケットレスサービス」を利用すると一律100円(子ども50円)安くなります。 そのほか、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」などのサービスも始まりました。
  • 国母・下石田四ツ角バス停を通る 山梨交通バスは、系統番号 53 または 56 です。
  • 甲府市レンタサイクルは、甲府市と甲府ホテル旅館協同組合等の連携により営業しており、 甲府駅周辺のいくつかのホテルなどで電動アシスト自転車がレンタルできます。 (9:00~17:00、1回500円、要身分証明書、借りた場所へ返却、問合せ:甲府市観光課 055-237-5702)
  • 電車などの料金は切符(現金)を利用した場合です。ICカード乗車券利用の場合は多少金額が異なることがあります。
  • アクセスの所要時間・距離は目安です。乗換時間や待ち時間は含みません。

国母温泉への行き方

(甲斐住吉駅から新平和橋まで)
  1. 駅を出たら左(北)へ
  2. 「伊勢郵便局南」信号交差点で左折
  3. 突き当たりで道なりに右折したら、すぐに左折
  4. 道が広くなっているところは右斜め前へ。「新平和橋東」信号交差点で国道を横断する
  5. 階段の歩道を上って橋を渡る
山梨甲府国母温泉の地図

地図クリックでGoogleマップが開く

(新平和橋から国母温泉まで)
  1. 橋を渡り終えたら右折
  2. 「萩原眼科ここ入る」の電柱看板があるところで左折
  3. 突き当りで右折。そこから50m歩いて左折
  4. 「国母一丁目」信号交差点で右折(この交差点で国母通りを横断しておいたほうがよい)。そこから60m

7.の左折ポイントがよくわからなければ、そのまま川沿いに直進して、国母通りに出たら左折する

山梨甲府国母温泉の地図とバス停

地図クリックでGoogleマップが開く

日帰り温泉旅行記

山梨県には良質の温泉が多く、甲府の市内でも銭湯なみの料金で良質の温泉が楽しめます。今日はそんな甲府(とその近辺)の温泉銭湯めぐりを計画した西さんと北さん、まずは「国母温泉」へと向かいました。JR身延線甲斐住吉駅から徒歩20分あまりの道のりを、ちょっと道に迷いつつ遠回りして到着です。

国母温泉外観

外観

西さんのセリフ 「ああ、これだな、国母温泉。」

北さんのセリフ 「しかし、街中のフツーの道路沿いにあるんだなあ。」

西さんのセリフ 「こんなとこにも温泉が出るんだから、甲府はほんと、温泉好きにはたまらんよ。」

国母温泉脱衣所

脱衣所

銭湯価格の400円を払って脱衣所へ。脱衣所は古いつくりながらなかなかの広さ。さっそく浴室へと向かいます。

北さんのセリフ 「おー、けっこう広いじゃん。」

浴室は入って手前が洗い場、奥の方は、右側に源泉かけ流し湯船2つ、中央に超音波風呂、左にサウナと水風呂、さらにその左に露天風呂へと出る戸があります。まずは右側の、源泉かけ流しの湯船に入る西さんと北さん。

国母温泉源泉かけ流し浴槽

源泉かけ流し浴槽

西さんのセリフ 「ふ~、いい湯だ~。」

北さんのセリフ 「ちょっと茶色っぽいお湯だな。」

西さんのセリフ 「モール泉なんだろうね。…ああ、湯口はそっちの湯船にあって、あふれたお湯がこっちの湯船に流れてくるわけね。…おっ、湯口のあたりは、ちょっと泡つきっぽいよ。」

 

北さんのセリフ 「どれ…、ん、上流の湯船は熱めだな。」

西さんのセリフ 「やっぱり温泉は、湯口のあたりが新鮮でいいねえ。」

湯口のあたりの特等席を陣取った西さんに対し、北さんはさらに隣の浴槽に移動です。

国母温泉超音波風呂

超音波風呂

北さんのセリフ 「お、こっちはぬるめで入りやすいな。」

西さんのセリフ 「そっちは泡風呂? 超音波風呂か?」

北さんのセリフ 「んー、そんな感じのなんとか風呂だよ。お湯の温度的にはこっちの方が好みだな。」

内湯のお湯をひとしきり楽しんでから、次は露天風呂へと出てみました。

国母温泉露天風呂

露天風呂

西さんのセリフ 「街中にある露天風呂の割には、解放感があるね。目隠しがあんまり高くないからかな?」

北さんのセリフ 「そうだな、岩風呂だし、思ったよりいい感じじゃん。温度的には…うん、ちょうどいい。」

西さんのセリフ 「おっ、泡つきもさっきより多いな。なかなかどうして、レベル高いね。」

北さんのセリフ 「これは、ずっと入っていたくなるよ・・・。」

国母温泉露天風呂

露天風呂

春の日差しの輝きと湯船の底に落ちる陰影が、露天風呂をべっこう細工の工芸品のように彩っています。ゆらゆらと揺れるべっこう模様のお湯の中、予定は変更してしばらくここでゆっくりしようかと話し合った西さん北さんでした。(→国母駅前温泉へ続く)

(2015年 4月)

モール泉とは、植物に由来する有機物を含む温泉。

西さん の感想 & 評価

源泉かけ流しの湯船もあり満足できる。シャワーのお湯からははっきり硫黄臭も感じられる。

3.0点

北さん の感想 & 評価

バラエティに富んだ湯船にサウナや露天風呂まであり、コストパフォーマンスがかなり高い。

2.5点

→点数のつけ方

温泉施設

住所
山梨県甲府市国母1-3-4
電話
055-224-6804
Web
なし
営業
10:00~22:00
定休
水曜
料金
大人 400円/小学生 170円/6歳未満 70円
浴槽
男女別内風呂(サウナ、水風呂、超音波風呂あり)、男女別露天風呂
備考
シャンプー等は無し

温泉データ(温泉分析書等より)

(調査日 2008年4月8日)

泉質
ナトリウム - 塩化物・炭酸水素塩泉 (低張性弱アルカリ性高温泉)
湧出地
山梨県甲府市国母1-3-4
泉温
46.0℃(気温 14.0℃)
湧出量
393 L/分(動力揚湯)
pH値
7.9
ラドン
0.26×1/1000 Ci/kg (0.07マッヘ)
成分総計
1.265 g/kg
知覚
微黄色澄明・微塩味・微硫化水素臭

今日の駅弁

まんぷく甲斐?
まんぷく甲斐?外見 まんぷく甲斐?全体

甲州ワインで育った牛と豚の弁当「まんぷく甲斐?」

(甲府駅で購入)

甲州甘辛牛丼と甲州風ソースメンチカツ丼のコンビ。牛肉はワインの搾りかすを食べさせて育てた「甲州ワインビーフ」、豚肉は山梨産白ワインを飲ませて育てた「ワイントン」とのこと。濃厚な味付けで、なかなか美味いです。ただ、それにしてもこの値段は高いかなあ・・・というのが正直なところ。(1,200円)(→丸政

  • 文章は個人の私見であり、必ずしも客観的事実とは限りません。
  • 記載の情報は、現在は変わっている可能性があります。特に金額については、旅行時の金額から更新していないことが多いので、最新の情報はオフィシャルホームページなどで確認してください。

温泉ガイド

-