車ではなく、電車・バスで行く日帰り温泉旅行記

登場人物

西さん
西さん
泉質にこだわりあり。源泉かけ流しと存在感のあるお湯、ひなびた風情を愛する正統派温泉好き。
北さん
北さん
泉質はあまり気にかけない。露天風呂好き。眺めが良いなど、目に見える特長がある温泉が好み。

Echigoyuzawa-onsen Yamanoyu

越後湯沢温泉 山の湯

新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢930

湯元からのお湯を100%源泉かけ流し。越後湯沢でも屈指の名湯は、硫黄の匂いが心地良い

湯元から引かれたお湯を、加水や加温をせずに100%源泉かけ流し。浴室に一歩入ると、硫黄の匂いが心地良い。

県道からは坂を上った高台にある、山小屋風の建物。

古くから地元民に愛されてきた温泉浴場。「雪国」を執筆した川端康成も入浴したことがあるといわれる。

東京(上野)からのアクセス
  • 上野駅JR 3時間50分\3,350
  • 越後湯沢駅(西口)徒歩 20分1.5km 最大標高差22m
  • 山の湯
東京(上野)からのアクセス
  • 上野駅新幹線 1時間25分自由席\5,940
  • 越後湯沢駅(東口)南越後観光バス 4分湯沢〜塩沢〜六日町線 \270
  • 湯之沢入口バス停徒歩 11分0.7km 標高差 40m
  • 山の湯
東京(上野)からのアクセス
  • 上野駅新幹線 1時間30分自由席\6,360
  • ガーラ湯沢駅徒歩 8分0.7km
  • 山の湯
東京(池袋)からのアクセス
  • 池袋駅(東口)徒歩 3分 
  • 西武バスのりば高速バス 2時間56分新潟線 \2,500〜\4,900
  • 湯沢高速バス停徒歩 22分1.7km 標高差-21m
  • 越後湯沢駅↓(以降は前記同様)
東京(池袋)からのアクセス
  • 池袋駅(東口)徒歩 3分 
  • 西武バスのりば高速バス 2時間56分新潟線 \2,500〜\4,900
  • 湯沢高速バス停徒歩 2分 
  • 宮林バス停南越後観光バス 6分土樽・蓬橋線 or旭原(大源太)線  \150
  • 越後湯沢駅↓(以降は前記同様)
新潟からのアクセス
  • 新潟駅JR 2時間50分\2,270
  • 越後湯沢駅↓(以降は前記同様)
新潟からのアクセス
  • 新潟駅新幹線 50分自由席\4,860
  • 越後湯沢駅↓(以降は前記同様)
  • 新幹線の 指定席料金は、繁忙期は720円、通常期は520円、閑散期は320円を自由席料金にプラスした金額になります。(詳細はJR東日本・きっぷあれこれ、 および繁忙期・閑散期カレンダー参照)
  • ガーラ湯沢駅を利用できるのは冬季のみです。
  • 高速バスの湯沢バス停は高速道路の湯沢インターにあります。 湯沢バス停からJR越後湯沢駅に行くには、宮林バス停または小原バス停から路線バスに乗る方法があります。(小原バス停に行くには三国街道に出る階段をのぼることになります。)
    これらのバスの時刻表を一覧にまとめたページはこちら。→高速バス湯沢バス停近くの路線バス時刻表
  • 降雪・積雪等があると、上記の所要時間より時間がかかる可能性があります。
  • 電車などの料金は切符(現金)を利用した場合です。ICカード乗車券利用の場合は多少金額が異なることがあります。
  • アクセスの所要時間・距離は目安です。

山の湯への行き方

(越後湯沢駅からの道順)
  1. 駅西口を出て右方向へ。線路と平行に道なりにまっすぐ
  2. 道が右へ大きくカーブするところの高台にある
新潟越後湯沢温泉山の湯の地図

地図ClickでGoogleマップが開く

日帰り温泉旅行記

3月末、今日の日帰り温泉はちょっと遠出をしようという話になった西さんと北さん。電車を乗り継いで、まだ雪深い越後湯沢にやってきました。まず目指したのは「山の湯」。駅の西口を出て、線路沿いにまっすぐ歩いていきます。

山の湯とその前の坂

山の湯とその前の坂

西さんのセリフ 「このカーブのあたりにあるはずだけど…。あ、あったあった。この上だ。」

北さんのセリフ 「なかなか急な坂だな。雪が積もってたら転ぶかも…。車では来たくないところだなあ。」

高台に建つ山の湯は、その名のとおり山小屋風の外観です。この時は地元の人と思しきお客さんが、ちらほらと見受けられました。

山の湯への案内表示 山の湯案内表示

山の湯外観

外観

西さんのセリフ 「アットホームな雰囲気だね。」

北さんのセリフ 「お客さんは全員知り合いかっ?ていう感じだな。」

山の湯のれん

のれん

のれんをくぐって、とりあえず浴室に直行した西さんと北さん。

西さんのセリフ 「おお、硫黄の匂いが甘い感じだよ。これはいいぞ。」

北さんのセリフ 「ああ、そう言われるとそうかもね。…でもちょっとせまいかなあ。」

地元の人らしい4、5人の先客が来ていて、体を洗ったりしています。さっそく浴槽に入ってみる西さんと北さん。

他の4つの共同浴場「駒子の湯」「岩の湯」「街道の湯」「宿場の湯」とセットで1,500円という「外湯めぐり券」というものもあります。(→湯沢温泉外湯めぐり)

山の湯浴槽

浴槽

西さんのセリフ 「うむ、いい湯だ。硫黄の匂いといい、温泉らしい温泉だね。」

北さんのセリフ 「でもちょっとせまいかな。」

西さんのセリフ 「湯船からお湯がザアザアあふれているし、こういうの好きだねえ。」

北さんのセリフ 「それは言えてるな…。でもちょっとせまいね。」

西さんのセリフ 「さっきから、せまいばっかりだな。」

北さんのセリフ 「そお? …あれ、ここ、シャワーが無いな。」

西さんのセリフ 「ああ、そういえばそうだね。」

北さんのセリフ 「洗い場もせまいし、体を洗うには不便かな。」

西さんのセリフ 「せまい、言うなー。」

そんなわけで山の湯を楽しんだ二人。もっとも、西さんはもうちょっと長く山の湯のお湯を楽しみたかった様子ですが…。次は、ここから歩いて行ける「駒子の湯」に向かうべく、山の湯を後にした西さんと北さんでした。(→駒子の湯へ続く)

(2013年 3月)

 

の感想 & 評価

小ぢんまりとしているが、ほのかな硫黄の匂いが心地良く、お湯の良さを味わいたい温泉。

3.0点

の感想 & 評価

ちょっとせまい。基本的に地元の人のための銭湯のようで、旅行者にとってはアウェー感。

1.0点

→点数のつけ方

温泉施設

住所
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢930
電話
025-784-2246
HP
湯沢町総合管理公社
営業
6:00〜21:00
(受付 〜20:30)
定休
火曜(祝日は営業)
料金
大人 500円/小学生以下 250円
浴槽
男女別内風呂
備考
シャワー無し

温泉データ(温泉分析書等より)

(2004年1月20日)

泉質
単純硫黄泉 (低張性アルカリ性高温泉)
泉温
43.4℃
(使用位置で 42.7℃)
pH値
9.6
成分総計
0.3836 g/kg
知覚
無色透明

今日の駅弁

ほくほく弁当
ほくほく弁当外見 ほくほく弁当全体

ほくほく弁当

(越後湯沢駅で購入)

山菜醤油ご飯が入った幕の内弁当。和風のおかずが並ぶ中に紛れ込んだチキンナゲットがポイント。しかし、これで850円かあ…。(850円)(→川岳軒HP

  • 文章は個人の私見であり、必ずしも客観的事実とは限りません。
  • 記載の情報は、現在は変わっている可能性があります。特に金額については、旅行時の金額から更新していないことが多いので、最新の情報はオフィシャルホームページなどで確認してください。

エリア・沿線

甲信越
新潟県

温泉地

JR上越線

温泉ガイド