車ではなく、電車・バスで行く日帰り温泉旅行記

登場人物

西さん
西さん
泉質にこだわりあり。源泉かけ流しと、ひなびた風情を何より愛する正統派温泉好き。
北さん
北さん
泉質はあまり気にかけない。眺めが良い露天風呂など、わかりやすい特長がある温泉が好き。

Kameyama-onsen Kosuitei Sagawa

亀山温泉 湖水亭 嵯峨和

千葉県君津市笹614

風光明媚な亀山湖を見下ろす温泉宿。コーヒーブラウンのお湯は湯上がり爽快な「美人の湯」

コーヒーブラウンのお湯は、ポカポカが持続しながら湯上がり爽快という特徴。ヌルスベ感があり「美人の湯」とも。

四季折々の郷土の山野草や川魚、野趣あふれる猪(しし)鍋など、お食事も充実。

風光明媚な亀山湖エリアは、ルアーフィッシングやボート遊び、ハイキング、キャンプ、紅葉狩りと魅力たっぷりの「房総の奥座敷」。

  • クリックで説明ページへ

半露天風呂で湖が見えて眺めが良いのは、日替わりで男湯・女湯のどちらかになります。

アクセス

アクセスの良さ

2.5点(東京から)

→アクセスの点数のつけ方
千葉亀山温泉湖水亭嵯峨和の電車路線図 東京駅時刻表 千葉駅時刻表 蘇我駅時刻表 木更津駅時刻表 下郡駅時刻表 久留里駅時刻表 上総亀山駅時刻表

駅名Clickでえきから時刻表が開く

東京からのアクセス
  • 東京駅JR 2時間40分\1,940
  • 上総亀山駅徒歩 21分1.7km 最大標高差19m
  • 亀山温泉湖水亭嵯峨和
東京からのアクセス
  • 東京駅JR 1時間50分\1,660
  • 下郡駅デマンドタクシー 40分19.7km \500
  • 亀山温泉湖水亭嵯峨和
東京からのアクセス
  • 東京駅JR 2時間20分\1,660
  • 久留里駅デマンドタクシー 25分12.3km \500
  • 亀山温泉湖水亭嵯峨和
東京からのアクセス
  • 東京駅JR 2時間40分\1,940
  • 上総亀山駅デマンドタクシー 5分(定時便) \500
  • 笹バス停徒歩 5分0.4km
  • 亀山温泉湖水亭嵯峨和
東京からのアクセス
  • 東京駅徒歩 2分 
  • 東京駅八重洲口前2番のりば高速バス 1時間36分アクシー号 \2,150
  • 笹バス停徒歩 5分0.4km
  • 亀山温泉湖水亭嵯峨和
東京からのアクセス
  • 東京駅JR 40分\640
  • 千葉駅徒歩 2分 
  • 千葉駅東口21番のりば高速バス 1時間25分カピーナ号 \1,650
  • 笹バス停徒歩 5分0.4km
  • 亀山温泉湖水亭嵯峨和
  • JR久留里線は、久留里駅〜上総亀山駅は運行本数がたいへん少ないので注意。また、久留里線ではICカード乗車券は使用できません。
  • 君津市デマンドタクシー「きみぴょん号」は旅行者でも利用できます。8:00から18:00まで、下郡駅以南が運行エリアで、日時・乗降場所等を事前に予約する必要があります。(予約TEL:0439-27-3188、詳しくはデマンドタクシー利用案内を参照。)
    また、上総亀山駅の地区には、運行日は平日の月・水・木のみですが予約不要のデマンドタクシー(定時便)もあります。上総亀山駅〜笹バス停の時刻表は以下のとおり。
    上総亀山駅
    笹バス停
    9:169:21
    10:3110:36
    14:4514:50
    16:0616:11
    17:4117:46
    笹バス停
    上総亀山駅
    8:358:40
    9:509:55
    15:2015:25
    17:0017:05

    (H29) 2017.09.01現在

  • アクシー号は日東交通・鴨川日東バス・京成バス、カピーナ号は日東交通・鴨川日東バス・千葉中央バスの各社が運行しています。ほとんどすべてのバス停が「乗車のみ」もしくは「降車のみ」のどちらかである点に注意。各社の問い合わせ電話番号は、日東交通:0470-92-2354、鴨川日東:0470-92-1234、京成:03-3691-0935、千葉中央:043-300-3611 です。
  • 電車などの料金は切符(現金)を利用した場合です。ICカード乗車券利用の場合は多少金額が異なることがあります。
  • アクセスの所要時間・距離は目安です。

亀山温泉湖水亭嵯峨和への行き方

  1. 駅を出たら右のほうに進んで道なり
  2. まっすぐは個人宅っぽいところでは右。そのあと道なりに左カーブ
  3. 信号(上総亀山駅入口交差点)は直進
  4. 左に橋がある交差点で右折。ダム上を通ってしばらく道なりに直進
  5. 嵯峨和の案内看板で左
千葉亀山温泉湖水亭嵯峨和の地図とバス停

地図ClickでGoogleマップが開く

日帰り温泉旅行記

(→濃溝温泉千寿の湯からの続き)
今日は千葉県房総半島・久留里線の温泉日帰り旅行に来ている西さんと北さん。午前中は濃溝温泉千寿の湯を楽しんだ後、昼食&温泉を目指して、亀山温泉湖水亭嵯峨和にやって来ました。

湖水亭嵯峨和外観

外観

湖水亭嵯峨和は入浴のみもできますが、食事とセットにすると入浴料がタダになるというお得な料金設定になっています。まず先に料理の注文をして、それから温泉に入り、上がった頃にちょうど料理ができているという寸法。

西さんのセリフ 「先に料理を注文しとくんだってさ。」

北さんのセリフ 「ふーん…。春らしく、若竹豆腐と筍御飯の定食っていうのがいいかな。」

西さんのセリフ 「じゃあ、それ、二つ。」

料理の注文を済ませて、いそいそと浴室に向かう西さんと北さん。

北さんのセリフ 「お、脱衣所は浴室の中か…。ほー、露天風呂っぽくないけど、けっこう広いんじゃない?。」

湖水亭嵯峨和の露天風呂は、屋根がありますが、亀山湖に向けては壁が無いというつくり。湯船は浴室に入って右手の仕切り壁の裏側です。

湖水亭嵯峨和露天風呂の湯船

露天風呂の湯船

西さんのセリフ 「あれ? 意外と湯船は小さいね。」

北さんのセリフ 「ほんとだ…。浴室はこれだけ広いのに…。」

西さんのセリフ 「でもまあ、湯船は大きければいいってものでもないしね。」

湯船を満たしているのは東京近郊ではおなじみの黒湯。でも光の加減では、真っ黒に見えたり見えなかったり。さっそく湯船に入ってみます。

湖水亭嵯峨和露天風呂の湯船

露天風呂の湯船

北さんのセリフ 「お、あまり熱くないよ。よしよし。」

西さんのセリフ 「ああ、思ってたよりいいかんじのお湯だねえ。」

北さんのセリフ 「ここの黒湯は色が薄いっていうか、透明感があるな。黒というより、コーヒーブラウンぽい?」

西さんのセリフ 「色もそうだけど、東京とかの黒湯とちょっと違うみたいだよ。山の温泉って感じかな? ちょっととろっとした感触もあるし。」

湖水亭嵯峨和の案内看板 湖水亭嵯峨和の案内看板

食事をすると入浴料は無料になりますが、入湯税(150円)はかかります。

北さんのセリフ 「温度的なものじゃないの? 東京の黒湯は沸騰寸前まで沸かしてたりするから…。」

西さんのセリフ 「ははは。お前、上野の黒湯でひどい目にあったもんなー。」

北さんのセリフ 「あの時は、やけどするかと思ったよ…。」

湖水亭嵯峨和露天風呂湯船からの景色

露天風呂の湯船からの景色

西さんのセリフ 「しかし、お湯につかりながら自然の山々を眺めるっていうのは、いいねえ〜。」

北さんのセリフ 「ホントホント。…でも、あの柵が無かったらもっといいんだけど…。」

西さんのセリフ 「柵が無かったら、湖にころげ落ちる人がいるのかもよ。」

湖水亭嵯峨和は亀山湖に面した高台にあるので、柵まで近づけば湖面もよく見えます。

湖水亭嵯峨和露天風呂からの景色

露天風呂からの景色

北さんのセリフ 「おーっ、湖が一望だよ! これはいいぞ!」

西さんのセリフ 「ほんと、天気が良いからよく見えるねえ。それにのどかだよなあ〜。トンビか何か鳴いてるし・・・。」

北さんのセリフ 「それに、風も涼しくてちょうどいいし。・・・でもちょっと待てよ、ってことは、この露天風呂の良さは、お天気次第ってことか?」

西さんのセリフ 「それはあり得るね。要するに、雨とか風の日は、ここじゃない内湯のほうがいいかもよ。」

実際は沸騰寸前ではなく、45度前後です。

「上野の黒湯」とは六龍鉱泉のこと。

湖水亭嵯峨和内湯(岩風呂)

ちなみにこれが内湯(岩風呂)

北さんのセリフ 「でもそれは、日によって男湯はどっちかに決まってて、選べないんだろ? …むむ、ハイリスク・ハイリターンだな…。」

西さんのセリフ 「まあ、今日は露天風呂が男湯で、天気もいいんだから、運が良かったということだよ。」

露天風呂のお湯と景色を十分堪能したら、お次は若竹豆腐と筍御飯が待っています。

湖水亭嵯峨和ロビー

ロビー

風呂から上がってロビーの先の座敷に腰を落ち着けると、ほどなく料理が運ばれてきました。

北さんのセリフ 「なるほどね。風呂の前に料理を注文しとくってのは、いいシステムじゃん。待たなくていいんだから。」

西さんのセリフ 「確かに。けっこう腹も空いてきたから、早く食べたいもんね。」

素材の味を生かした丁寧な味付けの料理は、ひとくちで春の滋味が口いっぱいに広がります。窓の外ではやわらかな日差しの中を、トンビがゆるゆると弧を描いて上昇していきました。どうやらここでは時間の進み方までゆっくりのようです。

(2014年 3月)

内湯/露天風呂は日替わりで男湯/女湯になります。なので、例えば「どうしても露天風呂に入りたい」といった場合は、来る前に電話で確認した方がよいでしょう。

の感想 & 評価

循環ではあるけれど温泉らしいヌルスベ感がある湯。浴後の感触もいい感じで、悪くない温泉。

2.0点

の感想 & 評価

露天風呂の眺めはとても良いけれど、浴室の床や壁は無機質なつくりなので、そこは減点かな。

2.5点

→点数のつけ方

温泉施設

住所
千葉県君津市笹614
電話
0439-39-3222
HP
亀山温泉 湖水亭 嵯峨和
営業
11:00〜18:30
定休
不定休
料金
一般:906円/貸切風呂:1,770円
ただし食事をするなら、一般:150円/貸切風呂:1,230円
浴槽
男女別内風呂または半露天風呂(内風呂・半露天風呂は男女で日替わり)・貸切風呂(檜風呂)

温泉データ(温泉分析書等より)

(2009年1月6日)

泉質
ナトリウム - 炭酸水素塩泉 (低張性弱アルカリ性冷鉱泉)
源泉地
千葉県君津市笹614
泉温
19.5℃
湧出量
80 L/分
pH値
8.1
成分総計
2.126 g/kg
知覚
濃い茶褐色

今日の寄り道

久留里の銘水
久留里の銘水

久留里の「生きた水」自噴井戸

(写真 上:高澤の井戸、下:雨城庵の井戸)

亀山温泉にほど近い久留里は、銘水の産地として知られています。その水質の良さや美味しさから、いつしか人々が呼ぶようになった「生きた水」。街中のあちこちに自噴井戸が設置され、旅行者でも自由に汲んで飲めるようになっています。久留里を訪れる際には、カラのペットボトルを持参していくのがおすすめ。

  • 文章は個人の私見であり、必ずしも客観的事実とは限りません。
  • 記載の情報は、現在は変わっている可能性があります。特に金額については、旅行時の金額から更新していないことが多いので、最新の情報はオフィシャルホームページなどで確認してください。

エリア・沿線

関東
千葉県

温泉地

JR久留里線

温泉ガイド