車ではなく、電車・バスで行く日帰り温泉旅行記

登場人物

西さん
西さん
泉質にこだわりあり。源泉かけ流しと、ひなびた風情を何より愛する正統派温泉好き。
北さん
北さん
泉質はあまり気にかけない。眺めが良い露天風呂など、わかりやすい特長がある温泉が好き。

Shima-onsen Sekizenkan Genrokunoyu

四万温泉 積善館 元禄の湯

群馬県吾妻郡中之条町大字四万4236-1

大正ロマネスクの様式美と100%源泉かけ流しの湯船に体を沈め、往時の賑わいに思いを馳せる

浴室内は大正ロマネスクの意匠。アーチ型の洋風窓から差し込む光が湯船に映り込む光景は息をのむ美しさ。

四万温泉らしい力強い無色透明のお湯は、もちろん100%源泉かけ流し。湯船からあふれたお湯が浴室の床全体を静かに満たす。

積善館本館は1691年(元禄4年)に建てられた日本最古の湯宿建築。忠臣蔵(元禄14〜15年)の時代の面影を今に残す重要文化財。また、本館の前にかかる橋は「千と千尋の神隠し」に登場する赤い橋のモデルと言われている。

東京(上野)からのアクセス
  • 上野駅JR 2時間50分\2,590
  • 中之条駅徒歩 3時間30分16.4km 標高差308m
  • 積善館
東京(上野)からのアクセス
  • 上野駅JR特急 2時間05分自由席\3,930
  • 中之条駅関越交通バス 40分四万温泉行 \930
  • 四万温泉バス停徒歩 1分0.1km
  • 積善館
東京(上野)からのアクセス
  • 上野駅新幹線 50分自由席\4,850
  • 高崎駅JR 1時間8分リゾートやまどり指定席 +\520
  • 中之条駅タクシー 30分16.4km 約\6,000
  • 積善館
東京(東京)からのアクセス
  • 東京駅徒歩 4分 
  • 八重洲通り 東北急行バス停関越交通高速バス3時間30〜45分四万温泉号 \3,100
  • 四万温泉バス停徒歩 1分0.1km
  • 積善館
東京(池袋)からのアクセス
  • 池袋駅東武東上線 35分\470
  • 川越駅(西口)関越交通高速バス 3時間伊香保四万温泉号\2,800
  • 四万温泉バス停徒歩 1分0.1km
  • 積善館
東京(新宿)からのアクセス
  • 新宿駅(新南口)徒歩 2分 
  • バスタ新宿JRバス 3時間06分上州ゆめぐり号\2,220〜\2,800
  • 中之条駅入口バス停徒歩 5分0.4km
  • 中之条駅↓(以降は前記同様)
  • JR特急の運行本数は、1日2〜3本です。また、JR特急・新幹線の 指定席料金は、繁忙期は720円、通常期は520円、閑散期は320円を自由席料金にプラスした金額になります。(詳細はJR東日本・きっぷあれこれ
  • 関越交通バス中之条駅〜四万温泉のバスはだいたい1時間に1本です。
  • リゾートやまどりは主に土日に大宮(または八王子・新習志野)〜中之条〜長野原草津口を1日1往復しています。ただし運行していない日も多いので、事前に運行カレンダーで確認して下さい。
  • 関越交通高速バス「四万温泉号」は1日1往復(冬期は2往復)です。また「伊香保四万温泉号」の運行期間は11月頃から翌年GW頃までで、1日1往復です。
  • JRバス「上州ゆめぐり号」は早売や事前購入で運賃が安くなります。
  • 電車などの料金は切符(現金)を利用した場合です。ICカード乗車券利用の場合は多少金額が異なることがあります。
  • アクセスの所要時間・距離は目安です。

積善館への行き方

(四万温泉バス停からの道順)
  1. 温泉街の奥に向かって60mほど歩く
  2. 左に見える赤い欄干の橋を渡る
群馬四万温泉積善館の地図とバス停

地図ClickでGoogleマップが開く

日帰り温泉旅行記

(→河原の湯からの続き)
本日は群馬県・四万温泉に来ている西さんと北さん。まずは「河原の湯」を楽しんだ後、「積善館」へとやって来ました。

四万温泉積善館と慶雲橋

積善館と慶雲橋

北さんのセリフ 「おー、これがあの橋か〜。」

西さんのセリフ 「ん? この橋、なんか有名なの?」

北さんのセリフ 「この橋、『千と千尋の神隠し』に出てくる赤い橋のモデルらしいよ。確かに、似てるといえば似てるかな。」

西さんのセリフ 「なるほど、そういう見どころもあるんだな。」

積善館本館の受付で日帰り入浴の料金を払って、「元禄の湯」の入口のドアを開けると・・・。

四万温泉積善館元禄の湯外観

元禄の湯 外観(入口)

北さんのセリフ 「あらら、ドアをあけたらいきなり浴室だよ。」

西さんのセリフ 「ほんとだ。しかし、中は外とは全然違う異空間だねえ。」

北さんのセリフ 「大正浪漫、だな。作った当時はハイカラだったんだろうな。」

本当にこの橋が『千と千尋の神隠し』のモデルなのかどうかは、宮崎駿監督に要確認です。ただ、宮崎駿監督が積善館に宿泊したことがあるのは事実。

四万温泉積善館元禄の湯浴室

浴室

西さんのセリフ 「建てられたのが大正時代だとすると、もう100年くらい経ってるってことかな? 要するに、この建物だけでも重要文化財級だよ。こういうレトロな感じ、いいねえ。」

北さんのセリフ 「重要文化財の風呂か。VIP待遇だなあ・・・。」

「元禄の湯」は、入ってすぐに脱衣スペースがあり、一段下がった浴室に大小5つの浴槽が整然と並んでいます。その浴槽のひとつに入る西さんと北さん。

四万温泉積善館元禄の湯浴槽

浴槽

西さんのセリフ 「お湯は新鮮で目が覚めるようだねえ。ちょっと塩っぽいかんじもするかな…。」

北さんのセリフ 「あれ? お湯は底から湧き出てるじゃん。この湯口は飾りか?」

西さんのセリフ 「これだけお湯の成分がくっついているところを見ると、昔はここからお湯を出していたんだろうね。今はもう現役引退ってこと。」

四万温泉積善館元禄の湯湯口

かつての湯口(現在は不使用)

北さんのセリフ 「ところで、湯船が5つあるけど、なんか違いがあるのかな?」

西さんのセリフ 「さあ、どうでしょう。」

北さんのセリフ 「どれ、ほかの湯船にも入ってみるか。」

隣りの浴槽に移動する北さん。

元禄の湯が建てられたのは、実際は大正時代ではなく1930年(昭和5年)になります。

西さんのセリフ 「どう? 何か違う?」

北さんのセリフ 「う〜ん…、ビミョーに温度が違うような違わないような…。」

とりあえず5つ全部の湯船に入ってみた北さん、浴室の壁に小さな扉があるのを発見しました。

北さんのセリフ 「ん? 何だ、この扉…?」

西さんのセリフ 「開けてみたら。」

四万温泉積善館元禄の湯蒸し湯

蒸し湯

北さんのセリフ 「…イス? タイル貼りの?」

西さんのセリフ 「ああ、説明書いてる。蒸し湯だとさ。お湯かけて入って戸を閉めるみたい。要するに、サウナだよ。昔の。」

北さんのセリフ 「じゃあ、試してみよう。」

お湯をかけて入って戸を閉めた北さん、たった5秒で出てきました。

西さんのセリフ 「あれ、もう出てきたの?」

北さんのセリフ 「暗くて狭くて息苦しい。こーゆーの、ダメ。」

蒸し湯はお気に召さなかった北さんですが、大正浪漫あふれる浴室で、しばしタイムスリップ気分を味わった西さんと北さんでした。

(2013年 4月)

5つの浴槽にはすべて同じお湯が供給されているので、基本的には湯の温度は同じです。ただし、配管内に湯の成分が付着しているため、湯の出方が微妙に違い、それで浴槽ごとの温度に違いがあるかもしれないとのこと。

の感想 & 評価

お湯は新鮮そのもの。モダン・レトロな空間で味わう100%源泉かけ流しのお湯は贅沢この上なし。

3.5点

の感想 & 評価

大正ロマネスクの浴室はなかなか得難い体験。ただ洗い場はほとんどなく、使いづらい感じはある。

2.0点

→点数のつけ方

温泉施設

住所
群馬県吾妻郡中之条町大字四万4236-1
電話
0279-64-2101
HP
四万温泉 積善館
営業
10:00〜16:00
定休
無休
料金
1,200円
浴槽
男女別内風呂
備考
日帰り入浴は「元禄の湯」のほかに「岩風呂」(男女混浴内風呂)も入浴できる

温泉データ(温泉分析書等より)

(調査日 2013年2月27日)

泉質
ナトリウム・カルシウム - 塩化物・硫酸塩泉 (低張性中性高温泉)
源泉
明治の湯:群馬県吾妻郡中之条町大字四万字新湯4236-2
泉温
67.4℃(気温 8℃)
湧出量
測定せず (自然湧出)

積善館のホームページによると、毎分約900リットル超

pH値
6.6
成分総計
1.86 g/kg
知覚
無色透明

今日の寄り道

積善館本館
積善館階段 積善館浪漫のトンネル

積善館

(写真 上:本館、下左:本館内の階段、下右:本館と山荘をつなぐ「浪漫のトンネル」)

開業以来300年余りの歴史を持つ積善館。温泉以外にも建築的に興味深い旅館です。また、館内を歩き回って、千と千尋っぽいモチーフを見つけて想像をめぐらすのも楽しい。「館内歴史ツアー」では四万温泉や積善館の歴史、建築的な見どころなどを説明してくれるので、時間があれば参加してみるとよいかも。(参加費無料、予約不要、所要時間約45分)(→積善館HP

  • 文章は個人の私見であり、必ずしも客観的事実とは限りません。
  • 記載の情報は、現在は変わっている可能性があります。特に金額については、旅行時の金額から更新していないことが多いので、最新の情報はオフィシャルホームページなどで確認してください。

エリア・沿線

関東
群馬県

温泉地

JR吾妻線

温泉ガイド